2024-05

NHK大河ドラマ「光る君へ」

紫式部と彰子との仲、関係。二人の年齢差は?道長が雇用主。いつからいつまで仕えた。定子・清少納言関係と似て

2024年NHK大河ドラマ「光る君へ」では5月現在、まひろ こと紫式部が、生き生きと活動しています。 紫式部といえば、中宮 彰子(ちゅうぐうあきこ または しょうし)に仕える、ということなのですが、いつから、彰子と出会うのでしょう? 紫式部...
NHK大河ドラマ「光る君へ」

朱仁聡、読み方は?宋の商人はどんな人物?太宰府送りになるのは密命のせい?藤原為時とは?日本人僧との交流。キャスティングは?

2024年大河ドラマ「光る君へ」にも新たな人物が登場しました。 宋人がやってきて、このドラマもいよいよ国際的になってきましたね。 ドラマの中では995〜96年です。 日本は島国で、海外との交流は少ないのですが、意外と、繋がりがあることわかり...
NHK大河ドラマ「光る君へ」

周明は実在?その読み方?「紫式部物語」の登場人物?衣装からわかる!正体は?宋とは?松下洸平好演。まひろとの仲。

2024年NHK大河ドラマ「光る君へ」・・・第20話の予告編に、ワンカットで松下洸平が写っていました。 この人物は、周明という、宋から来た医師見習いです。 果たして、周明は実在したのでしょうか?小説「紫式部式部」に出てくる名前て似ていますが...
NHK大河ドラマ「光る君へ」

藤原道長 歌「この世をば」はいつ?その気持ち?小右記から。「ちはやぶる」と紫式部の関係

藤原道長の歌は6首、知られていますが、特に有名なのが、この歌・・・ 「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の かけたることもなしと思えば」 意味は 「この世は全て自分の思うように叶う 満月(望月)には欠けたところがないのと一緒だ」 こんな うた...
NHK大河ドラマ「光る君へ」

紫式部 源氏物語 なぜ書いた 有名の理由 モデルはどこ?空蝉は?若紫のなぜ 書いた場所

紫式部は、源氏物語の作者です。 なぜ、紫式部は源氏物語を書いたのか、なぜそれが不朽の名作となって現代でも人気があるのか・・・その謎を探ってみましょう。 主人公の「光源氏」にはモデルがいたのでしょうか? このサイトでは、光源氏、とその周囲にい...
NHK大河ドラマ「光る君へ」

藤原彰子、美人で性格は?出産は難産。藤壺の住人!一条天皇との関係、紫式部のいるサロン。何をした人?死因?

いよいよ大物登場・・・藤原道長の娘 藤原彰子様です。 紫式部が仕えた中宮、として有名ですが、他にどのようなところからこの人の名前が後世に残るようになったのでしょう? ここでは美人と言われた彰子ですが、その性格には凛としたところが感じられます...
NHK大河ドラマ「光る君へ」

一条天皇、その治世?定子と彰子 性格は 藤原道長の存在 猫好きで笛の名手 死因は?辞世の句 土葬を希望するも

一条天皇が、政治で奮闘努力中です。 藤原道長と、政治上では協調的関係にあったところから、優れた時代を作り上げた天皇といえます。 有名な妃、藤原氏出身の定子と彰子がいますが、天皇はどちらを、愛していたのでしょうか? 芸術面でも、素晴らしい才能...
NHK大河ドラマ「光る君へ」

高階貴子、伊周を溺愛。藤原道隆と出会い定子の母に。性格?その家系図。父の教育から百人一首に選ばれ。 大鏡には 

2024年NHK大河ドラマ「光る君へ」は一つの山場を迎えました。 それは藤原家の当主 藤原道隆の病死です。 藤原道隆の妻、高階貴子さん・・・関白の妻でいながら、生まれの身分は低い方でしたが、天皇の妃となった、藤原定子を育て上げたことで、賢女...