藤原賢子、名前の読み方?誰?紫式部の娘なら父は?百人一首に。結婚は?白河天皇の中宮?子孫は?

NHK、2024年度大河ドラマ「光る君へ」にまた新しい登場人物が生まれるかもしれません。

紫式部の娘、藤原賢子です。

母親と違い、名前がしっかり残っています。

紫式部と同じく、百人一首に歌が入れられているところから、文人としても一流です。

身分の上では、母を追い抜いたのですが、母のおかげで、有名になった人物でしょう。

恋愛経験も多く、結婚も2度しました。

藤原賢子は、紫式部と、どんな違う人生を歩んだか、検証してみようと思います。

藤原賢子、その読み方

藤原賢子は、ふじわらかたいこ、かたこ または けんし と読みます。

歴史的に、解説する時には、「けんし」と呼びます。

名前、として呼ばれるときは「かたいこ」の方が名前らしく聞こえます。

平安時代の女性では、名前が後世まで知られているのは珍しいです。

と言うのも、賢子は、親仁親王(ちかひとしんのう、のちの 後冷泉天皇)の乳母を務めたからです。

乳母となったために、三位と大弐の位の名前として、「大弐三位」と名乗ります。

別名は、藤三位(とうのさんみ)、越後弁(えちごのべん)、弁乳母(べんのめのと)と一呼び方もされます。

「藤三位」は、三位と言う位から、そして藤は、母のの苗字、藤原にちなんでいます。

乳母(めのと)と言うのは名前の通り、乳母のことです。

「越後」がつくた名前は、祖父の藤原為時、が越後守をしていたところから来ています。

このように、平安時代では名前は、本名はなかなか呼んでもらえませんでしたが、自分にゆかりのある名前が役職と結びついて、公的に呼ばれていたのです。

藤原賢子、と名前が残っているのは、賢子さん相当、大物の平安女性だった、ということを示しています。

藤原賢子、誰?

藤原賢子、と言う名前の女性は、平安時代に二人いました。

今回、取り上げるのは、大弐三位と言う役職名がついた女性の方です。

藤原宣孝の娘で、母は紫式部です。

母の後を継いで、中宮(ちゅうぐう) 藤原彰子(ふじわらしょうし)の元に仕えます。

その後は、1025年、後朱雀天皇の第一皇子 親仁親王の乳母になります。

親仁親王は、藤原賢子が仕えていた、中宮彰子の孫にあたる皇子です。

しかも親王の母は、藤原嬉子(きし または よしこ)といい、彰子の妹にあたります。

この時期の、藤原賢子は、両親はすでに亡く、祖父の藤原為時も出家していたので、引き立ててくれる人はいませんでした。

ですから、藤原賢子は、彰子から非常に信頼されている証拠です。

紫式部の娘というだけでなく、テキパキ仕事ができるというイメージができますね。

乳母、と言う地位にある人物ですが、この藤原賢子、つまり大弐三位という方、歌人として有名です。

宮中で行われる、歌合大会の常連さんでした。

藤原賢子は80歳ほどまで生きており、その頃でも宮中で行われた歌合大会にも出場していました。

元気な婆さん、という感じです。

死んだ年については、記録が残っていません。

息子の、高階為家が、1082年頃「母のことでちょっと…」と言って、役目を断ったことがあったので、その頃に亡くなったのかもしれません。

藤原賢子、紫式部を追い抜く?

藤原賢子は紫式部の娘で、999年ごろの生まれのようです。

和歌が大好きな人なら、藤原賢子のことを大弐三位、とご存知だと思いますが、名前だけでは、紫式部ほど、有名ではないかもしれません。

しかし、位の上では、母親を追い抜きました。

なにしろ、「賢子」という名前が残っているのですから。

これは、賢子が、天皇の乳母を務めたことで、従三位(じゅさんみ)という位を授けられたからです。

母 紫式部を抜いた・・・と言っても、藤原賢子が取り立てられたのも、母の縁で、中宮彰子に仕えたところから始まります。

彰子に取り立てられたのも、母が「源氏物語」を書き、それがベストセラーになったからでした。

有名な歌人と言われるようになったのも、母の才能譲りです。

そうすると、母 紫式部あっての 藤原賢子だった、ということですね。藤原賢子は、15歳の頃、母に連れられて 中宮 彰子(その頃は、天皇が代替わりして、皇太后となっていた)のもとに上がったのではないか、と最近の研究で言われています。

宮中で母 紫式部から宮仕えのノウハウを学んだようです。

やはり 紫式部 なしでは、藤原賢子は出世できなかったでしょう。

紫式部は良い子育てをした、ということになりますね。

藤原賢子と紫式部の親子仲がとっても気になるのですが、それを匂わせる記録が見つからないのが残念です。

紫式部は「紫式部日記」の一部分を手紙の形にしており、その部分は娘の 藤原賢子に当てたのではないか、という見方が最近ではあります。

貴族たちが、日記を、子孫の戒めとするような習慣があったからです。

そういった類の手紙は、若い時は大したものと思わないのですが、ある程度年を取ってくると、グッと胸に沁みるものがあります。

藤原賢子も、そんな気持ち、持ったのではないでしょうか?

藤原賢子の父

藤原賢子の父は、藤原宣孝です。

今の「光る君へ」でいうと、佐々木蔵之介です。

「光る君へ」のこれまでの流れだと、藤原宣孝は越前にいるまひろ(紫式部)にプロポーズしました。

そのほんの少し前、ドラマではまひろと藤原道長に何やらあったような展開でした。

じゃあ、藤原賢子の父親の可能性は、道長にもあるかも…という見方もありますが、まひろと道長の恋愛関係は、紫式部の結婚前にはなんの記録もありません。

道長と紫式部の関係を匂わせがでてくるのは、「紫式部日記」のなかに、それも紫式部が彰子に仕えるようになってからのことです。

紫式部が、彰子の宮中で働き始めるようになるのは、藤原宣孝が死んだのちにです。

藤原賢子は、藤原宣孝の娘で、間違いありません。

ですが、藤原賢子が生まれて、まもなく亡くなったため、娘には父親の記憶はほとんどありませんでした。

藤原賢子の歌、百人一首に

母の紫式部は知っているけれど、その娘は…と思われる方でも、歌なら聞いたことがあるのではないでしょうか?

一番有名なのは、小倉百人一首に収容されている歌です。

「有馬山 猪名(いな)の笹原風吹けば いでそよ人を 忘れやはする」

(意味: 有馬山に近い猪名という笹原の地に風が吹けば そよそよと風音がします そうです、あなたを忘れることなんてできません)

ここでは、「いでそよ」の「そよ」を「そうよ」という言葉にかけています。

「有馬山〜風吹けば」の箇所は、「そよそよ」を引き出すための、導入部なのです。

歌に隠されている気持ちは、「私はあなたを忘れることはできませんが、あなたの方は私のことを忘れてしまったのではありませんか?」ということです。

この歌は、藤原賢子が、中宮彰子の元にいる時に作られた歌、と研究家たちはみているようです。

藤原賢子の結婚

藤原賢子、1回目の結婚

最初の結婚相手は、藤原兼隆(かねたか)。

なんと藤原道兼の息子です。

「光る君へ」の視聴者が見ると、「まひろの娘が、祖母の仇の息子の嫁になるの?」となりますが、まひろの母殺害事件は、番組の創作です。

ですから、紫式部が、藤原賢子と藤原兼隆の結婚に反対した、というわけではなさそうです。

藤原賢子は、子供(娘)を産むと藤原兼隆と離婚します。

これは、藤原兼隆が、暴力的な性格で、従者などに暴力を振るっていた、ことが原因だと思われます。

藤原兼隆が暴力的な性格で事件を起こすことが、藤原実資の「小右記」に書かれています。

藤原賢子との離婚理由までは、「小右記」には書かれていませんが、暴力的な夫を見ていると、その影響が娘に及んでくるのではないかと、藤原賢子は心配したのでしょうね。

藤原賢子、2回目の結婚

藤原賢子は、30代半ばで、再び結婚します。

今度のお相手は、高階成章(たかしななりあきら)。

東宮御所で働いていたので、東宮の乳母だった、藤原賢子とは東宮での出会いだったのでしょう。

高階成章は、藤原賢子からみて10歳ほど年上でした。

親子揃って、年上の男性が好きだったのかな?

高階成章は、1054年 福岡県太宰府で次官としての役職につきました。

その役職名が「太宰大弐」(だざいだいに)。そう、藤原賢子の、大弐三位の呼び方は、夫の役職からきているのでした。

その時、藤原賢子は女官の役目についていたので、福岡まで同行せずに、高階成章は単身赴任となったわけです。

ですが、藤原賢子は、2回ほど夫に会いに福岡まで行っています。

平安時代は、単身赴任手当も有給休暇もなかったので、藤原賢子は、きっと、自分の上司(多分、後冷泉天皇)に一生懸命願いでたのでしょう。

今でこそ、東京からでも、関西からでも札幌からでも福岡へは、飛行機に乗ってひとっ飛びですが、平安時代は、関門海峡も渡らなければならなくて、20日ほどもかかったようです。

関門海峡を渡った時の、藤原賢子の歌が残されています。

「後の旅 つくしにまかりしに 門司の関の波の荒ふたてば

ゆきとても おもなれにける舟路に 関の白波心してこせ」

(意味: 二回目の旅だけれど、関門海峡の波はなんとも厳しい

福岡に向かう路は慣れてきたけれど、関門海峡の荒い白波だけは、心して超えなければならない)

上の段は、詞書と言われる、歌のタイトルのようなもの。下の段が、歌です。

藤原賢子の、旅に一生懸命な様子が伝わってきます。

夫への愛情が伝わってくる歌です。

藤原賢子は、恋愛経験豊富

藤原賢子は、恋多き女性だったようです。

そうした性質は、母 紫式部とはかなり違っていました。

紫式部はどちらかというと、奥手で慎重なタイプでした。

恋愛体質は、父親似なのでしょうね。

性格も、明るいということなので、父親譲りといえます。

結婚する前から、藤原頼宗(よりむね、藤原道長の息子)、藤原定頼(さだより、藤原公任の息子)たちと恋愛関係を持っていました。

特に、藤原定頼とは和歌のやりとりが盛んでしたが、これは単なる恋愛のためだけでなく、のちに作られた、「新古今和歌集」のため(作品作り?)でもあったようです。

「新古今和歌集」二人のやりとりの歌が、載せられています。

藤原賢子、白河天皇の中宮??

平安時代に、藤原賢子が二人存在します。

一人が、紫式部の娘、大弐三位になった女性。

もう一人は、 1057〜1084年、の藤原賢子です。

こちらは「かたこ」という名前の読み方です。

この賢子は、白河天皇の中宮になりました。

藤原師実(もろざね)の養子ということですから、藤原道長の孫の養女にあたります。

実の父は、源顕房(みなもとのあきふさ)といい、天皇家の血を引く姫君でした。

今回取り上げている、紫式部の娘 藤原賢子 より、かなり身分が上です。

ふたりの 藤原賢子が登場した時代も似ているので、とても紛らわしいです。

藤原賢子の子孫は

藤原賢子は、藤原兼隆と結婚し、一女を、高階成章と再婚して、一男一女をもうけました。

最も、これまで藤原兼隆の子、とされていた娘は、当時の血縁を記した「尊卑分脈」(そんぴぶんみゃく)記載がないところから、兼隆の子供ではない、という疑いも出てきました。

藤原兼隆との結婚は、デキ婚だったので、その時に、藤原賢子と付き合っていた、藤原公信の子供である可能性が、疑われています。(荻谷 朴 の説)

平安時代は、モテる女性なら、二人同時に恋人がいてもそれほど、不品行とは思われていませんでした。

高階成章との子供たちは、息子・孫、それぞれ天皇や、内親王(姫)に近く仕える、臣下に、娘の子供(孫娘)も内親王のもとに、女房として仕えていました。

この子供達のうち、一人が、天皇家と繋がっている、という話もありますが、そのような話はありません。

しいて言えば、紫式部の家の本家、藤原家の血が流れている、ということだけでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました