藤原道兼の死因?殺人の報復?まひろの母の仇。悪人か?性格は?花山天皇を騙し関白に キャストは?母は?

2024年、NHKでは新しい大河ドラマが始まりました。

第一回目は、主人公 紫式部こと「まひろ」のお母さんが殺されるという衝撃的な最後でした。

犯人は、藤原道兼(ふじわらのみちかね)・・・・「光る君へ」でのもう一人の主要人物 藤原道長(ふじわらのみちなが)のお兄さんです。

このお兄さん、一体どんな人物なのでしょう。

本当に暴力的な人間だったのでしょうか?

ここでは、藤原道兼について調べてみたいと思います。

藤原道兼の死因

995年6月8日、享年35歳で藤原道兼は亡くなりました。

伝えられている藤原道兼の死因は、病死 ということです。

どんな病気だったのか。

病名は、語られていません。

兄の、道隆は糖尿病だった、といいますが、糖尿病と同時に流行病にもかかっていたのでは?という見解があります。

藤原道兼の時も病気が流行していました。当時流行の伝染病といえば、天然痘。

この時代の天然痘は非常に怖い病気でした。

いえこの時代に限らず、天然痘の脅威は世界中で流行し、1796年イギリスのジェンナーがワクチンを発明するまで続きました。

藤原道兼 死亡について、暗殺されたかも・・・と推測する人もいます。

道兼の性格が悪すぎて、人の恨みを買った恐れがあります。

なにしろ、「光る君へ」では まひろ こと紫式部の母を、自分の気分がむしゃくしゃするからといって殺してしまったのですから。

藤原道兼の死後、関白職は弟の藤原道長に行ったので、道長の陰謀という考え方もありますが、それを匂わせる証拠は何もありません。

藤原道兼の殺人

藤原道兼、まひろの母を・・・

NHK大河ドラマ「光る君への」第1話で、藤原道兼は、まひろこと紫式部の母を、理由もなく殺してしまいます。

これって、事実なの?・・・

この話はフィクションです。

というのも、もし事実なら、これは平安時代の大スキャンダルになっているはずです。

父は右大臣 藤原兼家(ふじわらのかねいえ)、妹は詮子(あきこ)で、天皇の妃の一人です。

右大臣の息子が、人を殺した・・・

事実だったとしても隠蔽されたかもしれませんけれどね。

それでも、噂にはなるはずです。

しかし、現代ではその噂すら残ってません。

「穢れ」を無視?

藤原道兼の殺人の後が、何気なく時間が流れているところが、どこか不自然です。

それは、平安時代の大切な考え「穢れ」を避ける、という点が抜けているからです。

例えば、どこかにいく途中で犬の死骸を見つけたとしたら、それは発見した人の身が穢れたということになり、その日は家に帰り外出を控えます。

血ももちろん穢れです。

穢れた身体のまま、どこかに行くということは穢れをあちこちに広めることを意味します。

藤原道兼は、人を殺めた上で、自分自身も返り血を浴びたとなる、本人そのものが穢れ。

当時の考え方では、そのまま帰宅するなど、絶対にあってはいけないことです。

家に入れば家人全員が穢れます。

母君の、時姫が驚いていましたが、驚くなんてものはなく、家に入る前に家の者たちに、まず止められているはずです。

抜け道もあった?

平安時代の「穢れ」の考え。穢れは潔斎をしなければならない。

ですが、「潔斎」が終わるまでの期間が長くかかる、手順が面倒などという理由から、単純化されつつあったかもしれない、という研究もあります。

藤原道兼の兄 道長は、「穢れに会ってしまった以上、臨機応変に対応することが求められる」という内容が、日記に書いています。

確かに毎日生活していれば、何らかの「穢れ」に遭遇する可能性があるでしょう。

その度ごとに、潔斎で何日も引きこもっていたら、仕事になりません。

穢れを払う、儀式も簡素化されてきていたことも考えられます。

実は まひろの母は殺されていた?!

残されている事実では、紫式部の母は、紫式部が幼いときに病死しています。

「光る君へ」を見るとここで一つの仮説が浮かんできました。

実は、まひろの母「ちやは」は、藤原道兼に殺されていた!

藤原家にとっては、大スキャンダルです。

ありとあらゆる手段を使って、この事件をもみ消しました。

その結果、歴史の残ったのは・・・母は病死。

藤原家の、不祥事を隠すため、そして まひろ一家への罪滅ぼしのために、紫式部の勤め口の紹介などに繋がったのかもしれません。

この後のストーリーはどう進んでいくのでしょう?

まひろ(紫式部)は、藤原道兼を憎んで生きていくのでしょうか?

そして、心を通わせた、藤原道長のことも、母の仇の身内として接していくのでしょうか?

藤原道兼、悪人説は本当?

藤原道兼は主人公、まひろ(紫式部)の母親をいきなり殺し、返り血を浴び、まさに悪人そのもの、に見えますが、本当に悪人だったのでしょうか?

藤原道兼は、病に罹りますが、その看病をしたのが弟の藤原道長でした。

この病気が元で、道兼は死んだのですが、伝染の恐れがあったのですが道長は気にしませんでした。

亡くなった時も、「悪い夢であってほしい」と嘆いていました。

「光る君へ」の中では、藤原道兼は長兄 藤原道隆(ふじわらみちたか)と仲良く月見をしていましたが、実際はそうではなく、道兼と道長との仲が良かったようです。

以上の、看病の話は「栄花物語」の中に書かれています。

また、「大鏡」には以下の話が出ています。

藤原道兼が関白になり、そのお祝いに藤原実資(さねすけ)がきた時の話です。

関白になった時、藤原道兼はすでに体調を崩していました。

具合が非常に悪いなか、なんとか気力を振り絞って、横になったまま、御簾(すだれ)越しに会いました。

「あなた(実資)には感謝したいことがたくさんありまして、今ここでやっとお礼を言うことができました」と謝意を表した、というのです。

藤原道隆の素顔は、優しく、義理堅かった様子が見受けられます。

優しくというより優しすぎたというのでしょうか?そのため父に逆らうことができなかった。

そして、父の、藤原北家を一番にして国の舵取りはこの自分がやる、という野心に利用され、押し潰された人物だったのではないでしょうか?

藤原道兼の性格

性格と共に、見た目がどんなだったかも気になります。

平安時代に書かれた歴史書「栄花物語」によると、容姿は、顔色が悪く毛深い、とあります。

さらに醜い・・・えらい言われようです。

藤原道兼の兄、道隆は美形で有名でしたが、弟の道長の方は・・・こちらも容貌的にはあんまりパッとしませんでした。

それでも、道隆(みちたか)、道兼、道長(みちなが)は母親が同じです。

ときには、一人だけ容姿が良い、ということもあるのでしょうね。

性格についても、非常に冷酷で人々は、道兼を恐れていた、といいます。

全体的に扱いにくい、意地が悪いとあります。

あんまりいいところがないようですが、反面、物おじしない、男らしいところもあり、兄を諭すようなところもありました。

大河ドラマで見るように、暴力的な要素を数多く秘めています。

乱暴者、暴力息子の素質たっぷりです。

政治的野望も強い人物でした。

藤原道兼は、のちに天皇をだますという行動をやってのけます。

それには、冷静さと演技力と頭脳が求められます。

まひろの母を殺した時の、直情的な行動からは想像ができないのですが、後に道兼がどんな変容を遂げていくのか、注目したいですね。

父の死後、関白の位が、道兼でなく兄 道隆が継いだときは悔しがりました。

父の、仕事を長男が継ぐのは平安時代は普通のことだったのに、ここで悔しがる弟というのは珍しいことです、よっぽど自分に自信があったのでしょうか?

藤原道兼、花山天皇をだます?

花山天皇を退位させてしまった事件です。

花山天皇は寵愛していた妃 弘徽殿(こきでん)の女御 藤原忯子(ふじわらのしし)が亡くなったため、すっかりふさぎ込み、出家してしまいたいと思うほどでした。

が・・・天皇は出家できる強い覚悟はできていませんでした。

そこを、藤原道兼が、出家を勧めてきます。「今出家しないと、後々後悔することになりますよ」という具合に・・涙を流しながら、天皇のことを考えているふりをします。

そして、藤原道兼は自分も、一緒に出家してお供します、と申し出ました。

花山天皇が意を決して、出家のために剃髪すると、藤原道兼は「自分の出家する前の姿を最後に父に見せてから、またやってきます」といって、その場を去ります。

そして2度と戻ってこなかったのです。

ツルツル頭になった花山天皇は騙されたことに気づき泣き崩れますが、時すでに遅し。

以上の話は平安時代後期に書かれた歴史物語「大鏡」に書かれています。

花山天皇は、このとき19歳。天皇になって2年しか経っていませんでした。

まだ若いのに、気の毒なことです。

花山天皇の前の天皇、円融天皇(えんゆうてんのう)のもとにいった娘 詮子 が産んだ男子(藤原兼家の孫)を天皇にして、藤原一族(特に兼家一族)が摂政として力を奮いたかったからです。

藤原道兼の人間性の卑劣さを証明するような事件ですが、これを藤原道兼ただ一人を攻めるのはちょっと気の毒です。

というのもこの事件は、道兼の父、藤原兼家が立てた計画だったからです。

天皇をだましおおすことができた、藤原道兼はなかなかの役者だったのですね。

長男ではなく、弟の道長にでもなく、次男の道兼と図った、ということなら、やっぱり、道兼が一番、悪事(?)をするのに向いてた?のでしょう。

それとも、父親のいうことを一番聞く、利用しやすい息子だったのでしょう。

藤原道兼、関白になる

藤原道兼、関白に一度なりそびれる

藤原道兼がなりたい、と思ってすぐになれる関白職ではありませんでした。

藤原兼家(藤原道兼、道長兄弟の父)は、花山天皇が退位し、次の一条天皇時代になると、摂政に出世します。

もちろん藤原道兼も出世しますが、まだ関白にはなれません。

父 兼家は990年、関白に地位を長男 道隆に譲り出家します。が、その2ヶ月と62歳で病死しました。

関白の地位のことで、藤原道兼は怒り狂います。

というのも、かつて花山天皇を、退位に導いたのは、手を汚したのは自分・・・道兼・・・

だからこそ関白の地位がもらえると思っていたからです。

怒り狂った、だけでなく、父の喪中最中に、客を呼んで大宴会を催した、といいます。

平安時代の喪中とは現代の私たちの喪中以上に、身を慎まなくてはいけないしきたりがあったので、ここで、ドンチャン騒ぎをした道兼は、相当ひんしゅくを買ったのではないでしょうか。

それとも、人からそしられるのを、気にしないほど、父親に操られていた自分が嫌になったか・・・

ついに関白に・・・でも・・

しかし何が味方するかわからないものです。

兄 道隆は政権を担う関白の地位についたものの、わずか5年で、病気で亡くなってしまいます。

995年 4月10日に 兄が亡くなり、・・・

やっと関白の地位が巡ってきました!

兄 道隆には息子がいたのですが、それでも関白に地位を与えられたのが 藤原道兼でした。

よかったね・・・といいたいところですが、わずか10日後に病気で急死してしまいました。

そこで「七日関白」なんて呼ばれています。

死後に、太政大臣(だじょうだいじん)の位を送られました。

道兼はその性格から始まり、最後まで「残念な人」と呼びたい人物です。

藤原道兼 キャスト

NHK大河ドラマ「光る君へ」のキャストは、玉置玲央(たまきれお)さんです。

玉置玲央は、2023年 秋 NHKドラマ「大奥season2」で赤面疱瘡で治療法を探し奔走する医師、黒木 を演じて好評を得ました。

熱血で善良な医師とは打って変わって、乱暴者の嫌な奴 道兼が「光る君へ」の役どころです。

「あまりにクズ」、「サイコパスな」、「返り血がコワい」、「まさかの展開」などの視聴者からの意見が寄せられています。

今後の藤原道隆に注目したいです。

役を演じておられる 玉置玲央さんは「光る君へ」についてこう言っておられます。

「ドラマの道兼も玉置玲央も嫌って良いから『光る君へ』は嫌いにならないでください」

善人と悪人の両方を上手く演じ分けられる、玉置玲央さんから目が離せません。

藤原道兼の別名

平安時代の、高い役職の人は、名前以外の呼び方をされることがあります。

藤原道兼の場合には、平安時代の歴史物語「大鏡」では「粟田殿」(あわたどの)という名前で登場します。

藤原道兼は、大納言という役職時代(990年頃)、京都の東山方面で知恩院の近くにある粟田山に山荘を構えていました。

この屋敷の話は平安時代の歴史書「栄花物語」に書かれています。

この地名をとって、「粟田殿」と呼ばれています。

他には、二条殿、という呼び名もあります。京都の二条に屋敷があったからでしょうね。

ちなみに、物語の中ですが「源氏物語」の光源氏は六条に屋敷を構えたから、六条殿と呼ばれていました。

藤原道兼の母

藤原家の三兄弟 道隆、道兼、道長の母は、時姫(ときひめ)といいます。

三兄弟の父、兼家の正妻でした。

当時の女性としては、珍しく 〜姫 と名前が残っている女性です。

それも有名人の母親だからでしょう。

しかし当時の他の女性と同じく、生年月日などの記述は見当たりません。

時姫の父は、摂津守(せっつのかみ) 藤原中正(ふじわらのなかまさ)です。

父親の職務は要職だったことも、時姫の名前が残った理由でしょう。

藤原兼家のもう一人の妻、藤原道綱母(ふじわらみちつなのはは)は、時姫に対し嫉妬していたようです。

そのように、藤原道綱母は「蜻蛉日記」(かげろうにっき)に書いています。

「光る君へ」の中では、三石琴乃さんがキャスティングされています。

三石琴乃さんといえば、人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」で月野うさぎ の声優で人気です。

セーラームーンファンの方は、ドラマを見て、息子 道兼を「月に変わってお仕置きして!」と書き込みをしているようですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました